Little cat in my pocket

愛機とともに



c0202705_1927771.jpg
                                                                 2000年2月 ローマ





95年の夏に、
女性向け?小型軽量35mmフィルムAF一眼レフカメラのはしり
「EOS Kiss」を友人が購入。
あまのじゃくの私は「MINOLTA α303si」を購入。。。
95年から2000年までが一番写真に熱中し、
どこへ行くにもカメラを持ち歩いた
そんな年月だったかもしれない。

写真はリバーサルフィルムをスキャンしたもの。
当時から水平をとるのが苦手だったとわかる・笑

「旅」は私が生涯、趣味と言いたいこと。
身軽でない今はあまり高飛びも出来ないけど
旅への憧れはいつも変わらない。
今見返すと色々な発見があって、オモシロイ。。。

フィギュアも終わって、ヒマな連休中なので昔の写真と戯れる日々♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログへ
感想を一言くださったら嬉しいです♪

[PR]
by nekozabun | 2010-02-27 19:32 | Comments(8)
Commented by acco0902 at 2010-02-27 21:24
nekoさん写真歴長いですね~大センパイっ!
海外も国内もかなり旅されてますか?
私もいくつになっても写欲と旅欲だけは失いたくないと思ってます。
そして私も水平とるの苦手です~笑
ファインダーのぞいてる時は「ヨシ!まっすぐ~」って思う
のにいざPCで見ると、超ナナメってゆーね。笑
心が曲がってるのかもしれませんワタシ。爆
Commented by nonchan-f at 2010-02-27 22:30
95年からですか~!それは本当に大先輩だわ!
私はその頃・・・コンパクトカメラで友達とのピース写真ばかりを
撮りまくってた頃かと思われます^^;
それはそれで、今見ても笑えるんですけどね^^
旅っていいですよね。私も大好き♪
今は旅の楽しさにカメラが加わって、本当に楽しいです☆

私も同じく、水平とるのが苦手です。
100%斜めです。ものすごく注意しても、斜めです(笑)
Commented by sunchan at 2010-02-28 01:01 x
同期です(笑

水平とるの難しいよね・・私のもびみょ~に斜めのある。
びみょ~な斜めって気持ち悪くなる・・・よね?
ファインダーのぞいてていったいどれが水平かわからなくなるの(汗
Commented by 藤子 at 2010-02-28 17:25 x
こんにちは。

こんな風にその時々を写真に残せたら、素敵だなぁ~って思います。
思い出が素敵な写真とともによみがえる・・・いいですね♪

写真に一番熱中していた時、そして今・・・時が過ぎて興味も表現したいものも前と少し変わっていたり、より奥深くなっているのでしょうね・・・。
それを写真を見て思い出せるって、写真好きの特権ですね♪
Commented by nekozabun at 2010-02-28 21:42
accoさん 
だてに年月だけ過ぎてしまいました・笑
そして・・・ブランクもあるんですけどね。
写真歴ではなくて、「写真好き」歴なんですけどね・笑
旅行は大好きで、そのためにお金を貯めてたっていうかんじです。
あんまり普段遊びに行かずにコツコツと。
国内は・・・九州は実は行った事ないんですぅ
行きたいな。。。
Commented by nekozabun at 2010-02-28 21:50
nonchanさん 
私もはじめは記念撮影を可愛く、バランスよく撮りたい
っていうところから始まっています。
友達の写真が主でしたね。
ピースはしませんでしたが・笑 (ピースって80年代までじゃ・・・?爆)
旅の目的は、まあ、いろいろあるけど
一番は写真を撮ることですかねぇ~
当時はフィルムだったので限りがありましたけど
今6泊8日で海外へ行ったら何枚撮ってくるか
予想もつかなくて怖いです。。
Commented by nekozabun at 2010-02-28 21:53
sunchan 
長いこと、初心者やってるの私たちぐらいよね・・汗

今のカメラは水平をとるための指標みたいのが
出てくるんだけど
呼び出すのが面倒で使ってない。
手ぶれ補正もついてるから
たとえシャッターの際の動きだとしても
撮れちゃうしっっ・汗
Commented by nekozabun at 2010-02-28 21:58
藤子さん 
写真見ると、ほんとうに撮ったときの情景とか甦りますよね。
なかには忘れているものもあるけど・笑
撮ったことによって覚えていられるというか。。。
今も昔も、素敵な作品作りというより
記録という要素が、私は強いかもしれません。
もちろん単なるメモにならないように
感じた空気感を写真に閉じ込めたいと思ってはいますけどねぇ・・・なかなか・笑