Little cat in my pocket

幸せの灯り



c0202705_10103131.jpg

琥珀色の灯りの思い出は
こんな都会の印象ではなくて、
遠い昔
クリスマスイブの夜
ごちそうの準備をするキッチンの灯りだけが点けられて
リビングには小さなキャンドルの灯り。
キッチンからの扉からもれる灯りの色も同じ琥珀色で

あんまり幸せな子供時代の思い出はないんだけど
たった一度、あの年のクリスマスだけは幸せだった。

琥珀色の思い出は
幸せな家庭の灯りの思い出だ。



※あの・・・
想像通りの不幸な家庭環境なわけでなく
わたし、すごく暗い子供だったんで。
それだけです。
ご心配なく・笑

人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログへ
感想を一言くださったら嬉しいです♪

[PR]
by nekozabun | 2011-12-06 10:28 | Comments(2)
Commented by papabubure at 2011-12-06 19:21
こんばんは!
わぁ、都会のクリスマスだ!

最後の数行の文面、笑えました。
クリスマスは私もあまり楽しい思いで無いです(爆)
我が家はクリスマスも正月も無い商売を
していたので。で、選んだ自分の仕事もそんな感じ。

でもなんだか心躍りますね!クリスマスの絵って。
本当ですね、都会の景色ではなく、家族が集う家ご飯が
一番クリスマスのプレゼントだと思います。

Commented by nekozabun at 2011-12-07 17:04
papabubureさん 
都会っぽいでしょう~
子供の頃は、「毎年恒例」みたいなことが無くって・・・
飛び飛びの記憶しかないなー。。。
あ、でも自分が家庭を持ってからわかったんですが
毎年恒例でごちそうとか作るの、ほんと大変なんですよね・笑
だからやる気が無い年があってもいいのかも。
今年も手抜きクリスマスになる可能性大です。。