Little cat in my pocket

30年



c0202705_15523532.jpg


SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR THIRTY30/FIFTY50
へ行ってきました。
わたしのスピッツ歴は「空も飛べるはず」からなので23年です。

醒めない
8823
涙がキラリ☆
ヒバリのこころ
ヘビーメロウ
冷たい頬
君が思い出になる前に
チェリー
スターゲイザー
惑星のかけら
メモリーズ・カスタム
波のり
ロビンソン
猫になりたい

夜を駆ける
夢追い虫

正夢
運命の人
恋する凡人
けもの道
俺のすべて
1987→

ハチの針
君は太陽

きたえーるとわたしの相性が良いみたいでAブロックの良い席でした♪
(前もサカナクションで最前ブロックのときがあった)
夢追い虫からの正夢の紙吹雪で演出の思うつぼで泣いてしまいました。。
あらためてスピッツ大好きだなーと感じたライブでした♪

音楽って、そのときそのときの自分の生活に寄り添ってて、
スピッツの音楽もわたしのこれまでに
いつもそばにいてくれた・・・
はずなんだけど!
年をとるとそういう瞬間も
記憶の遠い遠い古いページに仕舞い込まれていて。
今回のライブでその古いページをめくるかな?
って思ってたはずなんだけど!
そうでもなかった・・・っていう話です・笑
どれもこれも名曲すぎるからさ!

なつかしい!って思うために行ったわけじゃないし、
マサムネも
「これを通過点としてしか思ってなくて、
これからも楽しい曲、面白い曲、変な曲を作り続けていきます」
なんかすごーく腑に落ちた。
そう、スピッツってそういうバンドだよねって。






[PR]
by nekozabun | 2017-09-21 16:29 | Comments(0)